学位論文一覧

博士論文

2016年度

2014年度

2013年度

2011年度

 

修士論文

2016年度

  • 志田雅美「現代女性と「不妊症」――フェミニズムの視点から」
  • 檀朋美「サブカルチャーの発展における文化的企業の役割――同人誌文化の隆盛――」
  • 細田隆史「3.11以降の社会運動参加者たちの、インターネット空間における言説分析――「路上」という語に関する分析」
  • 真鍋公希「〈特撮〉の歴史社会学――視覚性・卓越化・社会的分化――」

2015年度

  • 中村薫平「「ネット右翼」の言説分析――蹉跌のナショナリズム」
  • 劉幸「中国における「第三の消費文化」に関する一考察 ―「文芸スタイル」現象を中心に―」

2014年度

  • 古田章人「「排除型社会」における「炎上」についての考察」
  • 宮崎和人「CMCにおける秘密への配慮の必要性 ―匿名性が果たす社会的機能を問い直す試み―」
  • 劉 烜暢「越境するアニメーション ―中国における日本アニメの受容をめぐる考察―」
  • 山田勝哉「自己分析と主体化」
  • 渡邊健太「「ニート」という言葉の考察」

2013年度

  • 孫 詩雨「学歴による社会移動と格差形成 ―日中学歴社会比較の視点から―」
  • 張 園媛「在日中国人の意識変容 ―新老華僑と新来日中国人をめぐる考察―」
  • 常盤有未「ラーメンブランドの形成プロセスに関する考察 ―当事者間の社会関係資本に着目して―」
  • 中村匡希「シカゴ学派の人間生態学と新都市社会学の理論的対立 ―何故、都市の見方が変わったのか―」
  • 山本悠人「主観的偶然性と情報社会 ―リスク社会における心性をめぐる社会学的考察―」

2012年度

  • 後藤直樹「ハビトゥスから身体の古層へ ―身体の社会性と前社会性を巡る考察―」
  • 村井昂介「複数の人間関係データベースに基づくコミュニケーションがもたらす自己意識への影響 ―SNSを中心に―」

2011年度

  • 上田壮志「ネット社会における「評価」というメディアについて」
  • 喬彬「観光立国における留学生観光ボランティアガイドの可能性について――京都府在住留学生の観光ボランティア意識調査から」
  • 劉茵之 「変容する移民とコミュニティへの想像力――上海の日本人ネットワークをめぐって」

2010年度

  • 相見大輔「H.Arendtにおける「社会的なるものsocial realm」と「悪の凡庸さbanality of evil」の関係について――「活動(action)」を中心として」
  • 小谷祥代「現代社会における笑顔の機能分析」
  • 野島那津子「コミュニケーションの困難性に関する一考察――痙攣性発声障害の事例から――」

2009年度

  • アダム・レイ「日本とオーストラリアにおけるニュースソース・記者間関係をめぐる考察――中川財務相とブログデン自由党党首の事件を通じて」
  • 王勇「中国青少年のインターネット依存――コミュニケーションの移行から「家族」を考える」
  • 丁子博司「監視技術による主体の変容についての社会学的考察――監視批判に向かって」
  • 中森弘樹「失踪者の家族社会学」
  • 溝口佑爾 「自己言及と継起的言及の循環について―― N.ルーマンにおける自己言及の二重性」

2008年度

  • 田中良昂「相互作用空間における規範の言説――公共圏論を引いた「空気」論の再構成」
  • 村田直史「電子文字コミュニケーションにおける第三項に関する研究」
  • 森山貴仁「アメリカの市民社会と個人化――1960年代の南カリフォルニアの郊外における草の根保守の台頭と変容」

2007年度

  • 秋山励「保存と継承の両立――世界遺産制度から」
  • 車愛順「情報ネットワーク社会における著作権問題」
  • 高橋顕也「情報社会の包括的分析枠組みへの理論社会学的アプローチ――『システム‐アーキテクチャ分析』の構築へ向けて」
  • 福島豪「フリーターになるという選択――感情的行為と社会的価値」

2006年度

  • 岩野麻衣「ジャズの〈場〉における相互行為」
  • 窪田裕典「SNSにおけるコミュニケーション分析――CMC空間での自己と他者」
  • 園知子「『知的公共圏』の理論的可能性――京都学派への空間的アプローチに基づいて」
  • 髙木夏子「フリーターとニートの社会学的考察」
  • 山本真理子「アメリカ中絶問題への討議倫理的アプローチ」

2005年度

  • 藤野裕己「『性別』という視点が隠蔽するもの――ジェンダー研究批判として」

2004年度

  • 小島恵美子「第一次大戦とデュルケム――デュルケムにおける共同体志向」
  • 佐古孝義「ろう文化にみるアイデンティティの『戦略』の可能性」

2003年度

  • 森俊樹「CMC空間における『コミュニケーション秩序』」