真鍋公希

吉田研究室
博士後期課程1回生 国際高等教育院ティーチング・アシスタント
E-mail: koki0210manabe★gmail.com(Replace ★with @)

研究テーマ

  • 映像様式としての〈特撮〉をめぐる社会学的考察
  • 上記の考察に基づく社会理論の構築
    • キーワード:映像/特撮/文化社会学/映像社会学/メディア論/大衆文化論/視覚論

 

研究業績

論文

  1. 真鍋公希「〈特撮〉の歴史社会学――視覚性・卓越化・社会的分化」京都大学大学院人間・環境学研究科 2016年度修士論文
  2. 真鍋公希「映像受容者像の批判的再構成――〈特撮〉についての言説分析を事例として――」『社会システム研究』第19号、195-209、2016年

口頭発表

  1. 真鍋公希、「特撮における「アトラクション性」――1950年代の東宝特撮映画を中心に」、日本映像学会、神戸大学、2017年6月4日
  2. 真鍋公希、「映画制作者集団における特撮技師の地位に関する考察――場の理論とワールドの理論の比較と分析への応用」、関西社会学会、神戸学院大学、2017年5月27日
  3. 真鍋公希「1940~60年代の特撮作品におけるアトラクション性をめぐる考察」、第79回日本映像学会関西支部研究会、大阪大学、2016年12月24日